毎日、積み上げていこう!(^o^)/

この記事は約3分で読めます。

これから書く話は、絶好調な時以外は誰でも当てはまります。
不思議なことですが、絶好調のときほど気持ちは落ち着き
周囲がよく見えているのが普通です。だから好調なのである :usi:
好調を作ろうとすれば、焦りがない状態が必要なのですね。

これも意識して心がけると素早く身に付きます ::ne

バタバタ慌てるときにミスが出るでしょ?
慌ててはダメなときに限って慌てるでしょ?
勝手に出来るようになるわけでなく言い聞かせが必要なの。
まず、悟る=理解するということがスタートですよ。

「どっちが得か考えてみよう」です。(⌒^⌒)b

201506017a

先日、ある司令室で働く方から聞きました。
慌てませんか?と聞くと、新人のとき先輩達の姿を見て
落ち着いて適格な処理をする姿に憧れ、背中を追ってきたと!
なるほどね。
以前に、とある経営者の方と一緒のとき、
ちょっとした緊急事態の電話がかかってきたのを見て、
間近で落ち着いた指示をするのに驚いた経験があります 8-O
こういうことが出来るのだ と新鮮な驚きと同時に憧れになった。
「いつか自分も、慌てるようなときに落ち着いていたい」 と、
未だに、ハプニング系のカードが出たときお手本にしています。

さて…

話は戻り、絶好調でない限りどうだというのかですが、
しんどいとき、マイナスなとき、それなりのときetc.には、
どうしても足元を丁寧にする気持ちよりも、
成果や希望を望む無駄な空想が先にきてしまいやすいです。

少し退屈な・・焦るかのような・・流されてるような・・
微妙に気落ちするような・・・ そんな絶好調でないときほど、
足元を踏み固めてジャンプ台を作ることが一番大切なのに、
その大切さを忘れ、今すぐにでも飛びたいかのように思う :tara:

けれど、飛べる状態で風を待っている段階の人は、
もっと冷静で、もっと落ち着いていて、
時には、「もっと準備をキチンとしておけばよかった」 と、
地固めの大切さを改めて実感しているでしょう。
そこまでくれば、あるだけの力で勝負するしかないものね。

楽勝なんて、そうそうないのですよ :no:

今、ステップアップする過程で少し窮屈な人や、
早く次なる段階へ進みたいと夢見るなら尚更、
すべての基本が出来るのは、平凡な毎日だと忘れずに!
日々、続けている目立たないことに自分が関わり、
目に見えない運を築き上げているとお忘れなくd( ̄ ̄ー ̄ ̄)

飛べる段階に着てから、躊躇しても遅いのです。

平凡な毎日は無駄じゃないどころか、
後で思うと取り返せない貴重な毎日ですよ。
不安に思ったり、迷うときほど、基本に返り努力です。
「それが何になるか?」 は、間違いなく後でわかる!
飛ぶときにわかります。「やってて良かった」 とね。

与えられた状況で、地味に感じる毎日を大切に!
何が欲しいとか、何が得られるかは、日々の後にやってきます。
サンタさんが来るように必ずやってきますから、
季節はずれのサンタさんが、急にやってきても困らぬよう。
しっかり意識して、淡々と積み上げていこう。毎日を!

気がかりも、夢も、具体的な願望と未来の全て
この淡々とした日々から叶えられていきますよ。信じよう :kira: