運気悪化の予備軍『その兆候1』

この記事は約2分で読めます。

不思議ですね。昨夜ちょっと運を下げることをしてしまい・・
途端に・・ 洗い物をしているとき、ぼんやりしているとき、
気づくと無意識に頭に浮かんでいるのは、否定的発想です。
よくプラス思考が良いといいますが、明るい発想はすべてに吉。
例え、正しい行いだと自分が信じていても、実際にそうでも!
発想方法が否定的でないように気をつけていることが大事。

文句や否定的な考えへと気づくと向いているときは、
幸運メーターがどんどん減っていると思って間違いありません。
そう思うと、今年の箱根駅伝でワクワク大作戦で優勝した青学。
本当に理にかなっていると思いますよ。
どうせ努力しているなら、周囲への文句や否定はマイナス作用。

けれど、どんな人でも不調の兆候として気づければサインです。
このサインを見逃さずに、すぐに修正すれば運の目減りは回避。

兆候は、文句や否定がマイナスだと意識さえしていれば簡単。
思い出の中でも、嫌な思いをさせられたことを思い出し、
それが話題になっているような空想がかってに進んでいないか!?
目立ちたがり屋が起こした犯罪に関して、どういうわけか
あれこれ馬鹿にしたようなことが頭の中で進んでいたりはダメw


今朝一番に、それに気づけたから本当に良かったです。
しかし、それからも一歩間違うとネガティブになるようなことが
次々と起きてきたから怖いですね。私が呼び込んだのでしょう。
ネットが途切れ途切れになり、仕事になりません。
このブログも190kbの小さな画像すら送信できず・・・。
そうなれば普通なら、不平不満が更に出てきて当然ですよね。

でも、罠だから!(笑)。
そう思うことにしました。
仕事が捗らないことなど、工夫してどうにでもすればよい。
不平不満を言って運を下げるよか随分まっしでしょう。
なし崩しに不満な発想をして限界まで運を下げるなどごめんです。

みんなも、不満は相手が悪いとか、誰が悪いとかでなく、
危ないサインだと見て、サッサと転換しましょうねd(^-^)

タイトルとURLをコピーしました