輝くために『意識すべき』必須条件

この記事は約2分で読めます。

自分の可能性をどれだけ縮めているかについて、
年末年始は説明する機会が結構多く出ていて、
お陰で説明しながら、自分の役に立つことも多いですわ。

少し前には【聖杯6】の過去の影響についても書きましたが、
過去=経験ということですが、その取り扱いが難しい。
過去のどんな経験も未来を妨げてはいけない。
過去の良い経験が仇になり進歩できないこともありますし、
過去に失敗したことを不可能だとして除外するのもいけません。

・・・でも、意外としているものですよ :ase:

成功できない道を進む自分。それは、どんな道なのか。
自分がどんな道を作っているのかに気づくことからです。
自分の希望がおのおのあると思います。
自分は、こうしたいのだ という考えのことです。

進化が止まったり、成功できない人の典型は、
自分が何も切り開かずに、現状の流れで可能なことだけ選びます。
それは、周囲に依存して「周囲が変わる」ことを望む傾向です。
スポーツ選手だとすれば、良い監督が来て自分を取り立ててくれる。
転職希望なら、自分の良い点を理解して採用してくれる。
みたいな(笑)。

これでは、自分は何もせずに周囲からの棚ボタ希望です。
自分は何をするのか。自分がどう変わるのか。意欲が全くありません :no:
「やる気はあります」と言いつつ全く前進しない人が、この発想です。
同じ人物でも、こういう発想の時は大して進歩も進展もありません。
けれど、成功や進展は『行動力』が基本で能動的なものです。

自分がしてきた努力を思い出すことも大切ですよ。
役に立たない謙虚さは敵。努力して今の自分があるのだと思い出せ!
自分の技能は、すべて努力の賜物です。
自分の友人は、自分の行動と善意の賜物です。
何一つとてボケッと待ってて得たものはないはずですよ。

20150107a

これまで頑張ってきたから、今の自分があるのだということ!

世の中「自分がどれだけ苦労したか」をひけらかす人がいるほどです。
時には、自分の頑張りを思い出して称えることも大事。
そして、チャレンジしていた自分を思い出しましょう :bafu:
磨き忘れると錆びてしまうし、過去に自分を置き去りにしてはダメ

成功している人は、数え切れない失敗をその度クリアしています。
更に、過去に出来たことを維持したり進化させたりしています。
いつの間にか平和ボケしていることもあるでしょうけども、
人任せで成功するほど、世の中甘くはない気がしませんか?
希望を実現する過程では、自分も環境も変わるのが当り前なのです。
そして、それを意識した途端に人が輝くから不思議です。

タイトルとURLをコピーしました