家相は、生年月日や名前に次ぐ強い運気で、住み続けることで影響が強く出ます。吉運にもなるし、生まれつき足りない運を補うことも可能。家相について解説しておきます。
来年のことを言うと鬼が笑うというけれど、 来年1月の話をしておこうと思います。 正式な新年は2月4日18時ごろ。 2020年1月の月運の星は「丁丑」、2月は「戊寅」。 1月6日を境に年運の星(...

最後に『思いを見る』のを目指す

私は、多くの展開法を操ることはしてきませんでした。
詳細を見るケルトのような展開法は、すごく沢山ありますが、
初心者のころにケルトを覚えてから、他にも色々試したけど、
やっぱり、代表的な方法として必ず載っているだけのことがあり
覚えてしまうと実に役立つので、他に必要がなくなりました :good:

自然に、必要がなくなってしまったのです。

そして、悩みの詳細でなく運気が見れるものは、
ホロスコープしか知らないままに育ちました(笑)。
結局、この二つだけでプロ生活うん十年をやってきて、
更に確信したのは・・・これで良かったということです。

だってね。
最初は、どれも机の上の勉強みたいな状態ですが、
そこに実例が加わり生きたものになってきます ::ne
使う展開法が多くなるほど、展開法別の実例は減ります。
当然、分散されますよね?
ましてや、ケルトの7番とか4番とかいう箇所別になると、
そこに出たカード意味の実例を蓄積するのは難しくなる。
あれも、これもと試して全てが中途半端になりやすい :tara:

しかし、滅多に使うことがないけれど、もう一つ使うのが
セフィロトの樹を使った『心を読む展開法』です。

20141222a


(無料登録で読める記事です)

■もう1つ読んでみましょう■

    ■もう1つ読んでみましょう■

    None Found
スポンサーリンク
無料登録して一日の運勢を覚えられます。 役立つだけでなく毎日が楽しくなる一日法を無料占いで作ってみたら、 やっぱりコンピューター占いは全く当たらず断念しました。 でも、わかりやすく作った画像が勿...
Golden Dawnカード購入「日本語表示」

フォローする

Golden Dawn
簡単にできる占いだからこそ、守るべき基本に忠実であれば初めてでも良く当たります。信憑性が高まる正しい方法を書いています。
スリーカードで時間の感覚を想定するよう大アルカナ各種のイメージを呼び出せば、結果と同時に「いつごろか」が読めるようになる。そのための正しい問いも必要なので解説します。
Translate(翻訳) »