豊かな時間を作りましょう

この記事は約2分で読めます。

どなたにとっても忙しい師走。そして、それにつながる11月。
私のように11月から忙しくなるか、どうかは別にして、
こういうときに、ふと忘れていることはないか考えてみました。

例えば、先にアップした一日法の女帝について考える時間は
もし、私にタロットがない人生だったとしたら、なかった :kira:
ご飯を食べて、眠って、働いてという繰返しだったかも。
豊かな時間というのは、時間がいっぱいあるのでなく、
どういう風に使うかということだと思いました。

ごろ寝して消費している時間もあるし、忙しくて負われている時間もある。
けれど、私達にはタロットがあるから豊かな時間がありますよ。
節制が出た日は、休養しようと考えたり、抑制しようと思うし、
女帝が出た日は、どんな恵みがあったのか記憶を辿ったりするでしょう?

もし、タロットがなかったらチラシをくれた方に感謝したりせず、
それを恵みという風に受け取ることもなく、ただ過ぎていくでしょう :no:
もし、タロットがなかったら我慢することを嫌い、不満に思うのに、
吊るし人が出た日は、率先して周囲にあわせようと心がけ、
それがから自分にとっても良いことだと思えるから我慢じゃない。

20141125a

そういう豊かな時間をもてるのは、一日の2分や3分だったとしても
その2分をどう使うかで人生が大きく変わるし、一生に換算すると大きい。
たぶん、芸術家でもない限り考えることも無いイメージについて感受し、
それを現実的に応用するという、心の奥深くに新しい世界を作りました。
癒されたり、諭されたり、クールになったり、慎重になったり、
なぜ、タロットが私達に示してくれるのかは未だに不思議ですが、
味方なのは間違いないと感じる自分の分身みたいになりますね。

私達の内面から、どんなことも取り出してくることを可能にする。
それも、一日の中のたった2分の過ごし方が影響するでしょう。
豊かな時間をどう作るか。もっとも身近なのは一日法です。

タイトルとURLをコピーしました