今日の運チェック!
       

続・ぷちタロット占いと会話を楽しむ

タロットな雑談
この記事は約3分で読めます。

ぷちタロット占いを会話形式で占っていると楽しいです :kya:
そもそも、ぷちタロット占いというのもお客さんの一声から始まった。
この会話形式もお客さんから教わった。
ひょっとして色んな新たな未来の読み方が、
今後も、続々と開拓されていくかもと思っている。
疑問とか、いろいろと「どうだろう。こうだろうか。」と話すと
本当に大親友で心の友だと実感しました(⌒^⌒)b

1年の運勢で、転換系が複数出ているのを気にしている今年。
中心には【塔】で根本転換。家庭運には【愚者】でゼロからのスタート。
今後の展望には【聖杯6】で未来へのスタート地点など。
だから、全部が同じことだろうと踏んでいたけども・・・

Golden Dawnと話していると、違う感じだった。
・・・というのも、
中心運の根本転換に当たることが、もしかして出来た? と聞くと、
【月】で、まだ夜明け前です。これは時期を見るときには暗い。
もう少し時間がかかるニュアンスです :syun:

20141018a

でも、家庭運のゼロからのスタートやリセットは別かもと
「それは出来た?」と聞いてみたら【戦車】なのですよ。
あれ??もう進んでるじゃないか。動きがあったのですね。
それって、6月を総括したときに出た『愚者』のことか??

とにかく、プライベート面では動きは出ているのですが、
中心運の根本転換は、まだ【月】ってこと。

素直に会話していると、必死で占うのでなく自然に聞いていた。
だから、が出ても会話として成り立っているので凹まない 。
友達と話すようにカードを開いていくと良いのです。

いつも、お客さんからの情報なのですけどね。
実は、これも「やってみると会話になりますよ」と言われて試したの。
すると、聞いたことに対して相槌みたいに答えが返ってきて、
それが凄く面白かった。やっぱり、ただの占いじゃないよ(笑)。

その方は、結婚運を占ったお客さんなのですが、
ケルトでは「時期」というのが曖昧です。
そこで会話中に
「では、私が出会う人も、もう決まっているのかな?」と聞くと
【恋人】だったそうで、
「そうなんだ〜。相手は決まっているのですね」と思ったそう。

だったら、そのためにキチンとしておこうと思うのみで、
落ち着いていられたそうです。しかも、あれこれと
へんに信憑性が問われそうな追求はしなかった。
週に一度ほど、そんな落ち着いた会話を楽しんでいるそうです。

思いついたことを、
・これって「こういう意味?」「これで良いの?」と、
色んな風に知識人の友達と会話する感じで良いです。
聞くことがない、占うことがないからと疎遠になってはダメよ :no:
会話をしてみましょう。適度な親近感で関係構築です。
すると付き合い方も、もっと開発できるかも。

これで、時期を突っ込んで当たるようになったら、
めちゃくちゃ凄いんですけどぉーーーー(笑)。
みんな、研究に努めよ。そして佐藤に報告せよ。私が確認する!
伝統を守るだけでなく、不可能が可能になることも多い。
タロットも昔は遠隔というのはなく、対面でカードに触れないと
その波動が読めないという風にも言われていました。
多くの先生方は、そうおっしゃってた。

だから、今の不可能を自分達が可能にしていく術はあるはずだ。
ぷちタロット占いをもっと活用して見つけたことは報告してください :bikkuri:

タイトルとURLをコピーしました