補足とアドバイスカードの違い

この記事は約2分で読めます。

ホロスコープ4隅について質問がありました。
戦車と棒2が線で結んであったので気になったようです。
それに関しては、私が今後の展望に関して参考にしただけ。
質問もありましたので、補足とアドバイスカードについて書いてみます。
この呼び名は、ブログでも頻繁に出てきますね。

20141007

補足というのは….
吉凶を補うための計算式みたいな意味のカードです。
補足がないと吉凶が判断できない小アルカナに必要なカードです。
大アルカナは、意味の吉凶が決まっているので補足の意味は薄く、
補足位置のカードは、1ヶ月以上をみたときには後半の暗示に近いの。
運の流れが下がっていくか、上がっていくかというバロメーターに。

そしてアドバイスカードと表現される部分には補足がありません ::ne
そりゃそうですよね。アドバイス用のカードで吉凶判断じゃないです。
大アルカナでも小アルカナでも、良い意味を目指して悪い意味を注意する!

ログインすると会員レベルに応じた有料記事が)お読みになれます。。
購読コンテンツの詳細はこちらです。
タイトルとURLをコピーしました