成功と希望実現の鍵

この記事は約2分で読めます。

運をよくするとは、マイナス感情を排除するのが必須。
それは、よくわかっているのに自分には甘く周囲には厳しい :dissa:
だって、自分のことは自然に自分の正しさが確信されるような
理屈を当たり前に受け入れて疑わないことがあるからよね。

最近、それをすごく実感できてよかったと思うので書くね。

きっと、みんなもそういう面があると思うのです。
人間だもの。その欠点に気づける人が、希望を実現できる人 :luck:

希望通りにいかないことは、たくさんある。
頑張っているのに、自分は自分なりに良いと思うのに・・・
採用されない、取り立てられない、助けてもらえないなど、
自分の希望を叶えてくれない人がいるでしょう。

それが、仕事でなく個人的なことや対人関係でも同じで、
相手が自分の都合で行動すると、結果的には自分に対して
喜ばしい行動や助かる行動になっていないパターンがある。
悪意があれば当然ですし、悪意がない相手にさえも、
不自由や不都合や不快を感じたら、嫌悪感が出ますね。

20140831a


恨むという極端な言葉でなく、なぜ!?と怒りに近い感情が出る。
そこで文句に思うのか、自分が変わるのかで成功する可能性が変わる。
成功している人は必ず、そういうときに自分が変わる・工夫する。
成功できない人は、相手に不満をぶつけようという発想になる。

私も、ときに頑張ってる自分を認めるというプラス思考は良いけど、
それは自分を励ますためなのに、それが正しいという別の発想になり
頑なな状態を作っているときがあるの。それではもったいないよね。

気づくことが大切です。
自分を肯定するほうが気持ちが良いのは当然ですし、
周囲が自分の喜ぶことをすすんでしてくれると有り難い。
でも、そうでないときには自分が変わるのが基本でした。

何が足りないのか。もっとできることはないのかと切り替えたら、
自分が怠っていることに気づくときがあります。
そうしてきた多くのことが叶っていることも思い出しました。
頑なになってはいけませんね。

みんなもうまくいっていないと感じたり、怒りや不満が出たとき、
きっと工夫や怠りに気づけば、ワンランク上に進めると思うよ。
その工夫により、周囲の対応が喜ばしい流れに変わることが多々ある。
不満に思ってネガティブなエネルギーを発していてはダメダメね。

タイトルとURLをコピーしました