カードをお持ちでないかたは、まずコンピューター版ぷちタロ占いをやってみよう。

占いをしにいく

体験しなおしてナンボ『ありがたい法王』

この記事は約2分で読めます。

やっぱり実体験で、なるほどな展開を体で覚える大切さ!

人の感覚は本当に曖昧で鈍感なものです。
私のようにシュタイナー実践という繊細なことに
26年以上誠実に取り組んでいるものでさえも、
物質世界に物質体と共に生きているだけで、
気をつけないと鈍感になるのは避けられません :no:

体験したことも、体験しなおすことが大切です。

法王が出たときに、有難いことが何度起きても、
しばらく出なくなると、その実感が薄れますね。
タロットをしている人が繊細かというと、
まったく思い違いで、日常に鈍感だったりする!

世知辛い世の中で、仕事をしているお客さんのほうが、
私なんかより何倍も敏感で、タロットの実感を拾えます。
人と会うことが少なければ少ないほど人は鈍感 :ase:
田舎暮らしは、気をつけないと自然ばかりに目が行きますね。

自分が営業にまわっていた大阪時代は、もっと敏感でした。
みんなの痛みや辛さも、もっと理解できる土壌があった。
けれど、今は聞くだけになり少し鈍感です。
法王が出たときに、本当に有難いお申し出を貰ったり、
親切にしてもらったり、実際的な助力をいただいたり、
大阪では多くのことが思い出されますが・・・
2年を経過すると、その時にどれだけ嬉しかったかは薄れがち :syun:

20140707a

今日は、ボランティア初日。
昨日ぷちると『法王』でしたが、実際に周囲の方の心遣いを感じ、
和ませてくださる気持ちを感じ、法王の知識関連という意味を
「なるほど」と実感できる出来事を通して体験し、
この体験をきちんとメモして、1つ増えた今回のデータを、
実体験を通して得た例として、また語り継ごうと思います。

夕方会ったかたに
「なんだか顔つきが明るい」と言われました。
楽しいことがあると若返るのかもしれませんね。

法王が出たときの有難さ、みんなも思い出あるかしら?
その思い出が核心になり、誰かに役立っていきますよ。
あせらず蓄積してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました