家相は、生年月日や名前に次ぐ強い運気で、住み続けることで影響が強く出ます。吉運にもなるし、生まれつき足りない運を補うことも可能。家相について解説しておきます。
私が占うお手本から学ぶのもあり。質問しながら自分で練習するのもあり。徹底的に占い実例収集と、目標達成への道をつかもう。

大アルカナの気分を体験

ホロスコープは、初心者のころ覚えるのが難しく、
思えば、もっとも最後に習得した展開法でした。
何せ1枚のカードで一年や一ヶ月のことを読むので、
本に書かれている意味があてになるはずもなく、
実例が10年以上蓄積するまで確証を得るのが大変だった。

私の場合は、特に小学生から始めているので、
得られるデータが子供やん?(笑)。
イメージは共通するとしても大人を占えたのは、
25歳を超えたくらいだったと思います。

でも皆は、その点で私のデータがあるから楽でしょ。
もしかしたら、ニュアンス読みをするだけなら、
ケルトやスリーカードよりも読めているかもしれませんね。
ホロスコープのように期間を区切れるスプレッドを、
確実に身に着けていくのは、ものすごく有用です :good:

Golden Dawnが身に付くか否かは、この体験しだい。
一緒に毎月の運勢を見張りながら、運もよくするつもりで
しっかり記録をつけると、必ず一生役立ちます。保障するよ。
今は、まだ私の覚えた順とは逆で、ケルトが苦手かもですが、
本当の意味で難しいのはホロスコープだと思うので、
実例により、カードを感情の伴う体験にできるなら、
遅かれ早かれ、運勢と個別の両方見れる日がきます。

20140701

そのためには、スリーカードなど大アルカナを確実に、
どんな気分になるのか、22枚にしっかり感情記憶をつけてね。
そして78枚分、すべてのカードの感情体験が出来るよう、
その月のポイントとなるほど気になる意味じゃなくても、
カードに感情を付随させるために体験を重要視してね。

7月は、ネット回線も提供してもらえるので、
どんどん新しいことを試していきたいと思います。
受講者さんが参加できる無料のネットイベントも思案中。

今月も、問いの立て方をシンプルにして、
ぷちる時に自分と向き合い意志確認をして、
たくさんデータを残しましょう。

スポンサーリンク
スポンサー
Translate(翻訳) »