タロットを読むのに欠けてる点

受講者の方々。または、これから覚えたい方々。
佐藤が、とろい教え方をしている理由を書いておきます。
だってね。テキストがあれば読めるのなら、
本屋に行って好きなものをいくらでも買えばよい。

しかし、本当にそれで読めるのかといえば、
挫折している人がどんなに多いことか :no:
大アルカナを少しずつ運勢を通して覚えるのは、
すごく眠たいことをしていると思うかもしれないし、
インスタントみたいに早く覚えられるには、
テキストが必要だと勘違いしている人が本当に多い。

佐藤のテキストだから特別に良いとかでない。
本は単なる本でしかないのは同じよね ::ne
無心になるのは簡単です という記事にも書いたけど、
本来、人は自我感情思考がありますが、
同時に、思考と感情を使うことは出来ないと言った。
しかし、特別な訓練をしないと無理ですと書いてあるよ。

実は、タロットを使うときに私は思考と感情を同時に使う。
それを、みんなにも身に着けて貰えるよう進めています。
だから、何度も執拗に『実例を読んで実感せよ』とか、
運勢に出ていたときのカードについては、必ず
書かれている解説に似た感情が出たことを確認して、
次回以降に出たときに、その時の感情と事例を思い出すよう
促しまくっていますw 運勢で解説されたカードは、
適当に次の月に行かず、思い出に残るよう記憶してほしい :bikkuri:

それを続けていけば、カードに魂が付着してきます。

20140611

うちの受講者が、素晴らしいのは素人でも感情記憶がある点。
だから、出たカードで何が起こるのかを文言でなく、
感情が伴う実例として記憶できている部分から強い。
その実例を蓄積するには、1年では12回の経験しかできない。
だから、スリーカードやぷちタロを使うことで、
更に、どんな展開になるかの実例が増やせるでしょう。

勉強なんてしたところで意味はないよ。
逆に、実例と実感があれば後で勉強しても簡単。
知っていることの復習になるからです。
大アルカナのイメージをスタートに、感じて経験して、
その蓄積が小アルカナにも全ての進歩のスタートです :kira:
大アルカナの実感をいっぱい蓄えてもらえば、
解読で思考を使うときに、同時に感情も働くよう進化できる。

昔の記憶でも、そうですよ。
感情が付着している記憶は思い出しやすいけど、
そうでない記憶は、鮮明によみがえることがないでしょ?!

タロットが覚えられない基本的な要因、
思考と感情を同時に使うようにする基礎訓練も含み、
問いを客観的にまとめられない点についても
必ずクリアしてもらうつもりでいます。(^o^)丿

■もう1つ読んでみましょう■

    ■もう1つ読んでみましょう■

    None Found
スポンサーリンク
無料登録して一日の運勢を覚えられます。 役立つだけでなく毎日が楽しくなる一日法を無料占いで作ってみたら、 やっぱりコンピューター占いは全く当たらず断念しました。 でも、わかりやすく作った画像が勿...

フォローする

Golden Dawn
簡単にできる占いだからこそ、守るべき基本に忠実であれば初めてでも良く当たります。信憑性が高まる正しい方法を書いています。
2019年1月までが2018年です。ラストスパートをどの方向で進めるか、内向きか外向きか。年末年始に泣きをみないようチェックしておきましょう。
Translate(翻訳) »