今日の運チェック!
       

人生は『相性より縁』

この記事は約3分で読めます。

タロットを何年やってても出来ない人を見て思う。
何が出来ていないかって・・・
何をどうやって聞くかが全く意味不明ですw
色んなスプレッドをたくさん知っている人も多い。
でも、それだけ素人で色んなスプレッドを検証するのは大変。
しかも、そんなたくさんのスプレッドは必要ありません。

人生を豊かにする選択を出すのに必要なのは、ぷちタロット占いと
期間を区切れるホロスコープと、時間の経過を出すタイプの
スリーカードやケルト十字など3タイプで十分 :good:
当たらないと言ってる人の話を聞くと、ほとんどが
意志もないのに安易な問いを立てるか、問いが適当かな。

20140425a.png

 

自分の手で出すのだからカードが出ないという現象はない。
そこが難しいところですね。機会のようにエラーがでないから、
出したもの=読めるもの だと勘違いしてしまいます。
でも、そもそも問いが適切でないと読む意味がありません。
ケルトで、5月に○○できますか? と聞くのは愚問。
ケルトに時間設定しては、そこで無効ですよね?

けれど時間設定をせずに、したのと同じにするのは可能 💡
ゴールデンウイークのことを占えば、自動的に5月のことだし、
誕生日プレゼントやクリスマスの予定を吉凶で占うなら、
その問いには、自動的に時間が特定されていますね。
そのような自然な設定でケルトをするなら大丈夫ですが、
当たらない時は、時間だけでなく無理やりな問いがあるかも。

他には・・・
日本語としておかしい問いは、もう既におかしいですw
ケルトだから、タロットだから、神秘的な力で何でもわかる
なんて風に都合よく考えないほうがよいですね。
タロットは親友です。きちんと通用する言葉で問いましょう。

それと、親友が困るような問いも避けてあげましょう。
例えば、相性の良い仕事は何でしょう  とか困りません?
「教師になりたいけど、向いてるかな?」 と聞かれれば、
きっと、親友もそれなりの返答が出来るでしょうけども(^_^;)

以前、占い師さんに「私は芸術家タイプで占い師に向いてない」
と言われて、一緒にいた友人が「あなたのほうが向いている」
ということでしたが、私は芸術には興味がないし・・・
彼女は、占いには興味がないのですw しゃーないよね。

好きだったなら、芸大にでも行ったでしょう。
でも、ぜんぜん興味がないのです。努力なんて出来ません :no:
それに答えてくれる占い師さんもたくさんいるでしょうが、
結局は、相性とか向き不向きというのは夢想みたいなもので、
人生は『縁』で成り立っているのですよ。

意欲のある事を促進するため、親友のタロットに聞きましょう。
だから、誠意をもち依頼心100%にならないこと。
自分が動かないと、誰かが背負って動いてくれるわけじゃなし、
自分が努力しないと、誰かが勝手に芸術家にしてくれるのじゃない。
自分の足で歩む方向性に関係することは、問いがたつはずです。
立てられない問いを無理に立てては無視(無効)されますよ。
きっと、タロットに問いの意味や言葉が通じていないのです。

すべてを事前に統御するのは難しいかもしれないですね。
でも、頭に置いておくことで失敗な問いが見つけやすい。
正しい聞き方をすれば、必ず当たります✨

タイトルとURLをコピーしました