小アルカナを理解する裏技

今回は、ケルト十字法の解説もしましたが、
ケルトが難しいのは、小アルカナでしょう。
だけど、もし「大アルカナはわかった!」と思うなら
これを応用して、あなたはもっとケルトも出来るのよ :good:

普通に、大アルカナの意味を覚えるだけのタロットでは、
決して、小アルカナと連動して覚えることは出来ません。
佐藤流の種類別テキストというやり方の真髄はそこ :hint:
大アルカナだけで本当に意味を学ぶと、
やがて、小アルカナがどの種類に含まれるか聞けば、
個々のイメージがすごく心情的にも伝わるでしょう?

大アルカナ同士でも似た動きのカードを○○系と、
グループにすることで、カードという域を超えて
自分の気持ちと一体化してきますねd(^_^)

ぷちタロってすごいよね。
本当に画期的だよね。
だって、大アルカナでぷちタロを覚えるだけで
実際に切り替えや判断の役に立つのに、
その大アルカナが、今度はケルトや小アルカナを補います!

P8070425a.jpg

それが前記事で書いた【金貨10】の意味の読み方です。
これで小アルカナは、ものすごく身近になるでしょう。
今回の金貨10は、分析すると『法王』になりました。

(無料登録で読める記事です)

■もう1つ読んでみましょう■

    ■もう1つ読んでみましょう■

    None Found
スポンサーリンク
無料登録して一日の運勢を覚えられます。 役立つだけでなく毎日が楽しくなる一日法を無料占いで作ってみたら、 やっぱりコンピューター占いは全く当たらず断念しました。 でも、わかりやすく作った画像が勿...

フォローする

Golden Dawn
簡単にできる占いだからこそ、守るべき基本に忠実であれば初めてでも良く当たります。信憑性が高まる正しい方法を書いています。
スリーカードで時間の感覚を想定するよう大アルカナ各種のイメージを呼び出せば、結果と同時に「いつごろか」が読めるようになる。そのための正しい問いも必要なので解説します。
Translate(翻訳) »