何も対応しないで来る未来「人間関係・婚活編」(後)

この記事は約3分で読めます。

婚活の占いから人間関係全般に応用する
カード読みを学ぶケルトの後半です。
初心者にはハードルが高い占い方法だけど、
基本は各カードで得た体験から読めてくる。

意味は覚えるのでなく体験!

先日もある方が「このカードがホンマ嫌」と
しみじみ言っていましたわ。でもそれは、
語句を覚えたのではなく体験を持ってるわけ👍
それほど強いものはないのです。

毎月のホロスコープでしっかり体験しましょう。
それで運がよくなり、勝手にカードも覚えます。
日常がすばらしい習得の場なんです✨😉

ケルトは7番からが実際の未来

昨日は占いに欠かせない「背景」を書き、
問いの現在の状況を読んでいきました。
6番までは近い未来も現在の見通しです。
今日は7番から実際の未来について読みますね。

7番は置かれた立場や状況といい、
占いの主体となる人について出ます。
これが未来へのスタートになります。
7番は【聖杯2】で助力・楽しさですが、
7番の補足がない位置では意味が弱まります。

すると表面的な関係・マイナスな事という
悪い意味にまではいかないのですが、
実際に助力や楽しさがでるのではない
それって6番に出ていた【剣A】の苦労が
収まってくる意味で助力かなと思います。

現実はつながっていますから、
カード意味は常に過去とも関係します。
文言を変えることは決して出来ないけど、
つながりを感じて訳せばしっくりしますよ。

ログインしてお読みください。
お試しなどの詳細はこちらです。