ポジティブになるための言葉(2)「誰も代りにやってくれないよ」

この記事は約2分で読めます。

前回はポジティブになるため、
もっとも頻繁に使っている言葉
ただの悪いことはない」の意味を
普段は省略している部分まで書きました。
活用方法もあるから使ってくださいね。

今日は意欲がでないときに使い、
うまくハマると頑張れる言葉です。

2.誰も代りにやってくれないよ

これ2020年の後半から使っています。
あるユーザーさんから耳にしたのだけど、
自分に当てはめると「やっておこう」と思え、
とっても重宝しています(⌒∇⌒)

  • 面倒臭いとき
  • 後回しにしたいとき
  • 自信がもてないとき
    など

いろんな理由で避けようとしたとき、
誰も代りにやってくれないよと呟けば、
延々と先延ばすと埒が明かないと思えて、
自発的に切り替えることが出来ています。

ほんとそう😉
誰も代りにやってはくれないの。

効果が得られるパターン

だけど素晴らしい言葉も状況によります。
その時の自分にピッタリ合わないと効果なし。
この言葉が効果を発揮するときには必ず、
これを聞いて妙にスッキリした気分になる。
目から鱗が落ちた感覚があります💕

気重だったのが一瞬にして、
「そうだよね~」と言葉に同調して、
前向きにやろうと思えるわけ。
明るい気持ちになれています。

良い効果が得られない時

この言葉が合わないときには、
すっきりと切り替わることがなく・・・
「わかってるけど嫌やねん」のように
ネガティブな反発がでてきます。

大事なのは次にどうするかです。

よく書いていることだけど、
やる気不足が常に悪いとは限らん!
だから「やりたいない。今はやりません!」と
素直な気分そのままに、ぷちタロットしよう。

後は結果にまかせて判断できるはず。
良いと出たら「やらねば」と思わずともよい。
最悪に出たら・・・まぁ自分次第・・・
その最悪を維持するかは自分で決めるはず。

やっぱり取りかかろうと思うか否か。
とにかく運は自分で作っていくものです。
ひとつの対策として覚えておいてね。