ちゃんと信じてみよう

この記事は約3分で読めます。

この数年「目が痛い、目が痛い」と言ってきた。
なのに「しゃーない」とも言ってきた。

コンタクトレンズはドラッグストアでも買えるとか
ネットでも売ってるのを最近知ったのですが・・・
それより何より、何でも「しゃーない」という習慣
成り行き任せ=あきらめってことなのよね😞

 

自覚がありませんでした。
本当にしゃーないと思ってたの。

 

けれど本気で解決したいと思えば、
いろいろな縁やキッカケが出始めます。
意欲がない人の側を運は通り過ぎてただけ💦
そう思いました。

ちゃんと信じてみた

コンタクトの定額プランをして7年。
しかし、まるで使えるようになってない。
占うと、別の方法を考えるのが【恋人】
恋人は外向きにアンテナを張る意味です。
すると自分が発見したいことがつながります。

その「つながり」が、時に意外なことにもなる。
要は自分で作った限界を超えてくれるの🍀
その限界は、もともと思い込みなのですが、
いろいろ探してみる価値はあるのが恋人です。

コンタクト屋さんに行ってきました。
年内には、どうするか決めて納得するつもり。
でも・・バスの中で不安になりかけましたが、
ふと「なぜ、悪い想定をしているのか」と気づき
これまでのように神様にお任せする祈念をしました。

私が望むとおりになるか、もしくは、
それ以上に素晴らしい神様のお勧めにしてください。

そう唱えるのがベストです。
自分の主張+もっと別の答えを受け取る準備です。
すべてを預けて「ちゃんと信じてみよう」と
しっかり解放してクヨクヨを断ち切りました。

これまで、この祈念をかけると、
自分が望む通りの流れではなく、
必ず自分が想定していない良い展開でした。
それしか記憶がないので、経験から
『多分、今回もそうなるに違いない』と思いました。

やはり信じた甲斐はあった

受付で目が痛いという相談をして、
他のハードレンズという選択肢を聞いた。
すると詳細な説明と複数の選択肢から、
ダメもとで違うレンズをしてみることに決定。

私の考えでは、止めるか、変えるかしかなかった。
それ以外の選択肢は知りませんでした。
でも、変える前にお試しを勧めてくれました。
止めたり変えたりする前に最後の望みで
新しく出たレンズを1ヵ月無料で試せます。

また、
引き止められるどころか
限界が来ているかもしれないと
親切に目とレンズの話をしてくださった。
45年も目に異物を入れているのだから、
それだけ負担がかかっている。
誰でも一生続けられるわけではない。
どこかで必ず止めねばいけないと・・・。

「そうなの?」と驚きました。
コンタクトを止める日がくるとか
考えたこともありませんでした。

なんかね・・・
とても愛のこもった接客でした。
頼みの綱に別のレンズを試して、
それも無理だったらメガネメインに変える。
年内には1つ解決します👍

気が重いことを、気の重いままにせず、
ちゃんと預けて信じてみたらやっぱり、
ベストな展開がでてくると再確認しました。
ちゃんと信じてみるって大事ですよ。
思い出してね(^▽^)/