塔の日は先入観を捨てて「驚き」をチェックしよう

この記事は約2分で読めます。

ホロスコープ解説でミスやうっかりの【力】が
通信としてまとめて出てくる箇所が16番。
今回は、その発見を助けてくれたのが一日法でした。

やっぱりキチンと占っていると助力になるわ。
占っておくだけで一日中は集中していなくても、
どういう訳か頭の隅っこにあるのでしょうか。
不意に気づけるのです。これが不思議😮

2つも危うい見落としがあった例を読んで、
みなさんも気をつけてもらうと良いです。

悪いカードは外すと必ずあちこち吉運が派生する!
それはオマケとして神様がくれるものでしょう。

見落としに気づけた日の一日法が【塔】

ビックリすることがある知らせです。
塔のイメージについて書いておくね。

飛び上がるほどじゃない場合も
塔は「えっ?」とヒヤリとします。
それを驚きだと気づき、塔と関連付けると
塔のイメージをデータにすることが出来る。

一番の敵は先入観です

いろんなシーンで運を獲得できるかは似ていて、
自分が考えつく方向に気を取られていると逃す
良い運も、悪い運も「なかった」という人がたまにいる。
それは先入観が勝っているから見逃しています。

よーーく考えるって大事ですよ🔑
ビックリしたと自覚できないならば、
データにならず消滅してしまいます。
驚きには大小あるけれど気をつけておこう。

10月の運にでていた通知の見落としは、
塔の日に「ハッ!」と気づけました。
1つは完全に見落としゴミ箱に捨ててあったの。
たまたま別のタブレットでメールを見ていて、
「あれ??これ何?」と目に留まったのです。

よくもまぁ、パソコンではゴミ箱にあったのを
タブレットで発見できたなと思いましたよ。
こういう巡り合わせで自分がふとチェックしたのは、
「運を変えよう」と頭のどこかで意識しているからです。
これをアンテナという📡

意識していることは未来に続いています。
意識が運を開くキッカケを拾ってくる。
安易に「ない」「なかった」で済ませてしまわず、
ときどき検証したりチェックするようにしましょう。
思わぬ吉運も、凶運の阻止も、そこからくる。

タイトルとURLをコピーしました