ぶらりとする大切さと楽しさを思い出した

この記事は約2分で読めます。

都会にはカフェを併設した本屋さんなど
いろんなタイプの本屋さんがあると聞きます。
先日は、漫画喫茶のように時間制の本屋で
コーヒーは飲み放題でまったり出来ると知った。

これは、めちゃめちゃ良いですね。
土日は1980円かかりますが何時間居ても良い。
昔は、本屋の中を何時間もさまよっていたけど、
その過程で多くの出会いがあったものでした。

目的がない純粋行動の縁

タロットやシュタイナーとの出会いも本屋でした。
目的を持つと、そこに直行してしまいますし、
目的のものを買ったら終了してしまう。

でも、なんとなく本屋に行っていたときは、
通りがかったコーナーのタイトルを見て立ち止まり、
まるで知らなかった面白いものを発見したりした。
目的がない時間が縁を生んでくれました💝

今は、もうない曽根崎警察横の旭屋書店は、
とくに回遊しやすく大好きでした。回遊っていいよ。
ぶらり回遊が新たな世界を開いてくれた。
殆どが、そういう縁だった気もします。

目的がないままぶらりといく本屋さん。
本屋さんの中にあるカプセルホテルも見た。
なんだか本屋さんが進化していますね。
時間が余ったからぶらりと寄ったお店や本。
そんな「なんとなく」がつなぐ縁も大事ですね。

目的や効率にふりまされずに時には「ぶらり」。
そんな時間によく降ってくるのが吉運です。
頭を空っぽにする時間。それって大切(⌒∇⌒)

タイトルとURLをコピーしました