タロットを役立て「運の切り替わりへ対応」しよう

この記事は約3分で読めます。

月末月初は、運を上げたい人には最重要の時。
この時間をどう使うかで吉運か凶運に決まります。
存在している吉運も掘り出さないと消えてしまう。
可能性はわしづかみにしないといけませんよ🤗

体験を活かし続けること

勉強でもそうだけど、せっかく覚えたことを
次に進んで忘れていたら役に立ちませんね。
覚えたことは忘れないよう意識することよ。
一生懸命にインプットしなくてはいけない!
運に関しては、特に大事なことです。

なぜかというと流れが変わると意識が変わるの
学んだ感情が綺麗さっぱり消え去ったりするから
「すごく貴重な体験をした」と感動したとしても、
自分の気分一つで大切に感じた実感は消えます。

タロットを役立て「運の切り替わりへ対応」しよう

タロットと感情は表裏一体

どんなに集中していても月が替わると変わる。
どんな体験も教訓も意識しておくことが最重要。
どのカードでどんな感情が来るか。どう対処したか
大切なことを決して忘れない人が運を上げます✨

ま、当たり前やんね(*^^*)
「泣いたカラスがもうワロタ」と元気になった途端に、
泣いたことを忘れて「ポジティブに頑張る~」とか。
気分で生きてる人は又失敗するに決まってるねん。

各カードの正しい気分と成功体験が運の源です。
得たものを失敗例も含めて保持しておこう。
そこから次へと「つなげていく」月末月初は大切です。
8月に体験したカードを逃さないでね😉

私はガムシャラに目の前の課題に取り組みました。
次の課題を進めるためのプランがこれからです。

大切なのは体験の神髄

今は成功体験を刷り込み中です。
次の課題へ足踏み状態みたいなもの。
気持ちもガムシャラになれないで不完全燃焼です。
先月も今月も、実は骨折りの勧めは同じなのです。
それでも月が替わればり組み内容は変わります。

切り替わりでは調子が狂いやすいでしょう。
そこで、何が体験の神髄なのかを思い出すこと。

私が学んだのは全力投球する心地よい疲労でした。
でも昨日今日とプランニング中で疲労が足りず・・・
せっかく体験した達成感の充実が消え始めました(>_<)

体験を忘却から救わねばいけません。
活かすべきエッセンスを見つけ出すことが大切。

プランニング過程と実行段階で同じ疲労はない。
でも大切なのは、そこじゃない!
何に対しても全力投球できるとインプットするべき。
学んだのは全力を発揮する姿勢でした。
その結果に心地よい疲れが得られて、
その繰り返して目標が叶うってことなの。

大運・年運なら更に大きく変化します。だから、
人生の大きな流れで同じ調子でいる人は必ず、
吉運が減ったり、進化に支障が来てしまうでしょう。
まず!学んだことを理解して進みましょう。
きっと活かせますよ(^^♪

有名人の五行練習リストも公開しました。
総合講座を受講中のかたは読んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました