ノーベル賞受賞の吉野彰先生が素敵だった

この記事は約2分で読めます。

注文したマウスが届きましたヽ(^o^)丿
でも・・・設定してみたら速すぎて見失うw
びっくりするほど移動スピードが速いのね。
行き過ぎて戻って、また行き過ぎて戻ってです。
結局は、古いマウスにした。徐々に慣れます。

昨日はノーベル賞を受賞した吉野彰先生が
ミヤネ屋に出ると知り録画しておきました。
すごく楽しい方。でも相当に苦労されてます。
だって受賞されたリチウムイオン電池は、
開発に成功した者の全く売れなかったそうです。

ノーベル賞受賞の吉野彰先生が素敵だった

当時はポータブルといえば髭剃りくらいで、
他にリチウムイオン電池を使う製品がなかった。
しばらくは本当に安全なのかというのもあり、
みんなが様子見するのだそうです :syun:

ノーベル賞受賞の吉野彰先生が素敵だった

先生のメッセージは「創造と挑戦」でした。
未来は変わっていくから「そんなの無理だ」と
周囲が言うようなことを創造していくこと。
そのために考古学のように掘り返していく。

考古学は広いところを区画ごとに調査します。
「何も出ないと1つ潰せた」から次へ進む。
それは失敗じゃないのよね。次へのステップです。
1つ潰せたから次へ行けるという発想なの。

確かに!宝が出まくるなんてありません。
失敗が重なって成功になって行くとおっしゃる。
元気がでると思わない?あなた何か潰した?
私も、もっと潰していかなくちゃと思わせてもらったわ。

成果が欲しいのも当然です。だけど、
信じて歩み続けることの大切さ。
そうよね。舗装された道ばかり行くのでは、
そこに宝はないのだから信じて歩みをつつけること!

仕事でも婚活でも家でも他の希望でも、
よさげなところから掘っていきましょう。
宝がでなければ次にどこを掘るかだけ!
掘らないと何も始まらないのです。

苦しい時代を抜けてこられた先生は、
明るくて楽しくて素敵な方でした。

ノーベル賞受賞者の吉野彰先生のメッセージ
タイトルとURLをコピーしました