コンピューター版ぷちタロ占いをやってみよう

占いをしにいく

Golden Dawnと霊的神殿(1)

この記事は約3分で読めます。

今朝は、めっちゃ惜しかったです(>_<)
みんなの祈念をしているときに、
ゾーンに入りかけましたが一瞬で消えた。

天界の常識が理解できたように
あることが「当たり前に叶う :po: 」と思った瞬間
通じそうだったリンクが消えました。
なぜかはわかっています。
叶える方法を頭で追いかけようとしたのです。

結果だけを信じること

方法など教えてもらおうとするな。
行き詰まりを選ぶか否かは自分次第。
「よっしゃ!いい感じにきてる」と思うだけでよい。
信じて喜び、喜びを増幅させるのが正解。
結果だけを信じ続けることが一番早いのです。

あらかじめ期待したことを計算づくで進めても、
それ以上は絶対にない。いつもそうでしょ?
でも純粋無垢な状態で自然に動くとき、
びっくりする縁と引き合わせてもらえます :kya:

  1. 祈念の時に絶好調でないならば、
    叶うというイメージが持てるように想像します。
  2. 絶好調のときには何の根拠も想像も不要!
    勝手に「絶対に叶う」「いえ、もう叶った」みたいに
    感動と感激が結果の先取りのように出てきます。
  3. ゾーンに入ると霊的世界の根拠が見える。
    その通りになっていくのが当然のことと理解できる。

Golden Dawnを読むときと似ていて、
語句しか知らないと頭で考える :no:
カード体験を通して直接カードの感覚があると
その感覚に含まれる出来事を見出せます。
考えるというより「感じて見つける」のです。

霊的神殿と呼ばれるもの

考えるから感じるに変われば色々見えてくる。
「神様の答え」は私たち周辺の至る所にあり、
見ようとすれば誰でも見えるところにあるけれど、
多くの人からは隠されている不思議。

この答えがある世界を霊的神殿と呼びます。
霊的神殿は私たちに降ってわく答えが生きてる場所。
Golden Dawnもそこで生きていると想像してみてね ::ne
だから悪魔のカードも本物の悪魔じゃありません。
どのカードも役割を得て私たちに働きかけているのです。

ちなみに
神殿は神様が隠しているわけじゃなく、
私たち自身が見えなくしているということ。
リアルな現実でもない」と思っていたら、
急に出てくるときもあるでしょう。
「ここにあったの? 8-O 」と驚く。

答えは思考や計算から隔たった場所にある。
思案より純粋無垢が有利だと直感するでしょう。

ぷちタロで霊的神殿に近づく

一瞬でも見えそうな感覚が来たら「ある」のはわかります。
後は、ぷちタロを使って霊的神殿に近づくのみです。

自分の占いが的中することに慣れると
自然に結果が当たると信じられてきます。
すると結果に通じる道を邪魔する邪念や計算や思索が減る!

そうイメージするとわかりやすいです。
目標達成には神様のヒントがほしいですね。
だったら日常生活だけに身を置かず

  • 忙しければ忙しいなりに、
  • 熱中することがあっても時間を割いて、
  • その時その時のベストな選択や現状の運を知ること。

日常に限定されるとドンドン奇跡は遠くなる。
神殿から締め出されるのではないのです。
神様不要という態度になっていくだけです :ase:

しっかり
毎月のヒント(ホロスコープ)、
一日のヒント(一日法)、
行動のヒント(ケルト、スリーカード、ぷちタロ)を
都合や計算を超えて得ていくようにしましょうね。

タイトルとURLをコピーしました