元気と勇気を呼び込む方法

この記事は約3分で読めます。

集中力を高めていく方法がいつくかあり、
昨年ずっと続けたクオリティーアップもそう。
翌朝一番の予定を夜に書くことで、
「やろう」という気持ちが頭に残ります。
すると朝一からどんどん頭が回転するのです。

https://putitaro.the-xx.com/12756/


https://putitaro.the-xx.com/12406/

そこから仕事や家事を並行できるアイデアが出る。
動くごと、歩くごとに「ついで」として発見されました。
どんどん別のついでに出来ていく楽しさっていいよ :kya:
 
だけどいつも同じ方法が有効だとは限らない。
先日、集中が落ちかけて平和ボケを感じ、
どうにかせねばと焦るユーザーさんがいました。
だけど、焦る合間にどういう訳か急に翌朝、
起きたときから意欲も希望も頭の回転もよく、
不思議に思う日が何日があるのに気づいたそう。

日誌を読み返していると「これかも」と思った。
共通していることがあったのです。
あることが翌朝の気分を育てていたかも :po:

202200429a

気分爽快で元気があった前日には、
有名人の苦労話をTVで偶然見ていたり、
雑誌のインタビュー記事を読んでいたのです。

勇気をもらっていた

普段はあまり目にしなかった苦労話や、
時に「この人でもそんなに緊張したの 8-O 」と驚き、
大御所でさえ平和に甘んじず努力をしている!
しかも、初めてのことは心配で夜も眠れない?!

そのひとりはキングカズだったそうです。
今も現役を続けている彼の努力を知り、
しかもスタメンのときは緊張するのだとか。
出来るのなら70歳まででもやりたい。
そのためにはどんな努力でもするという彼。

「自分って何やってんだろ」「ぜんぜん足りてない」。
しかも、勇気がなくてやっていないこととか、
お金を温存しようとケチっていることすらある。
挑戦をほとんどしていないと残念になったそうです。
 
他の日にはスウェーデンの王室に入った男性の話。
トレーナーだった普通の男性が王女と禁断の恋に落ち、
出会いから9年もかけて結婚をした話です。
これは私も見ていました。

国王にも国民にも大反対されたにも関わらず、
5年もかけて英語、ドイツ語、フランス語や
所作や国の歴史等々の教育を受けてやりきった :good:
母国語すら田舎なまりが酷かったそうですが、
彼の努力が国民の気持ちも動かした話でした。

「めちゃ努力しはった。すると出来はった。」
挑戦し続けた人達から勇気をもらえた。

そんな話を知った翌日は自分も違っていた。
日誌を読み返して見えてきたのだそうです。
勇気や元気がないなら分けてもらえばよい。

わかっているつもりでもわかっていないことや、
わかっていたつもりでも見失うことはあります。
勇気を貯めこめるものを見聞きしましょう。
常にそうしておくことで未来は違ってきます :kira:

タイトルとURLをコピーしました