コンピューター版ぷちタロ占いをやってみよう

占いをしにいく

剣9が「何のことなのか探ろう」

この記事は約3分で読めます。

いろんなパターンを考えて対策を準備しよう
昨日書きました。何せ2月の私は危険がいっぱい。
でも準備すればするほど不意打ちも大丈夫。
ハマっていかない選択は、どこかで効くのです。

ホンマ、悪い運って「ハマる」という表現がピッタリです。
先日、死神の日に額を強打した件もそうですが、
未だ顔を洗うのもクリームを塗るのも痛いほど(>_<)
あれも完全に死神のパターンにハマってしまいました。

ちょっと気をつけてさえいれば、開けたままの戸棚に気づき、
戸棚を閉めてから踏み出すことが可能だった。惜しい。
ちょっと気をつける。忘れず頭の隅っこに置くことよ。
良いこともインプットしていたらギリギリセーフで、
危うく逃しそうな流れも対応を変えられたりする。

そこで早速、2月の家庭運をいろいろ検討中。
【剣9】は悲観・ショック ≠ 骨折り・持ち堪える力ですが、
要は、意に反することが出て普通なら悲観することに対し、
出来る限りのことをしようと持ちこたえるメンタルがあるかです。

定期購読者はログインで(五行練習以外)お読みになれます。
購読コンテンツの詳細はこちらです。
タイトルとURLをコピーしました