弱さをどう超えるかの大ヒント

この記事は約3分で読めます。

ストレスをどう超えていくか。
負けずに乗り越えていけるか。
そこが目標達成と成功の鍵だと実感しました。

ある方の話を聞いていて思った :po:
立派なかたは、しんどい状況でストレスに負けなかった。
それに尻尾を撒いて逃げるのでもなく、怒るでもなく、
どのようにしたのか、抜けて今があるというわけなの。

感じたのは、まるでスイッチを切り替えたみたい。
しんどい=避けたいと普通は思いがちですが、
そうしたら尻切れトンボみたいに終わってしまうやん :dissa:
ただ楽になれたら良いという発想の先には幸せはない。

秘密は発想の切り替えにあった

耐えられないと感じるストレスに直面したときに、
自分の考えを変えてみたら「また頑張ろう :heart: 」と思える。
その体験を絶対にどこかでしておくべきと思った。

もう無理だという気持ちで満タンになったときに、
ある人は「しんどい時こそ、成長の真っ最中だ」と聞いた。
そのお陰で今がある。


ただ、しんどいだけと思っているかもしれないけど、
そうじゃないと教えて貰ったそうです。
空気が吸えてよかった。産んでもらってよかった。
そんなことでも感謝の気持ちを浮かべたら、
不思議と気持ちが楽になったそうです(笑)。

自分は何を求めてたんやろう 8-O
目が覚めました。
 
仕事でも勉強でもスポーツでも、ときに対人関係でも、
疲れたら、そこで終わりにしたいです。
楽になりたいからです。
しかーーーーーーーーし!
切り替えという方法で楽になれるのだと知ること
そのキッカケは感謝だったりする。

改めて
人ってヒントだけで良いんだと思いました。
だったらGolden Dawnは素晴らしいよね。
いつでもヒントをくれます :haku:
 
しんどい仕事や、しんどい関係性があるとしたら、
乗り越えたら「良いことのための悪いこと」になる。
そこで終わったら「ただの悪いこと」になる。
それだけの違いです。そこが大きいんだよね ::ne

ストレスを感じると、誰かのせいで苦しいと思ったり
不運だと感じたりします。でもベストな発想は絶対に、
「良いことのために必要な悪いこと以外ない」
と唱えることです。同時に気疲れだと知ろう。
 
棒10というカードの乗り越え方にピッタリです。
何よりも余裕が大事。気持ちにゆとりを作り出すと
感じていたストレスの見え方が変わってくるから、
逃げ出さなくても、もっと良い対応がキチンとできる。
それが出来た人だけが分かる成功法則です。

やっぱ、ピンチはチャンスやん。そゆこと(⌒∇⌒)
棒10の示すストレスや負担の対処策を
これでイメージしてもらえたら役立つと思います。
棒5・7・10が出たら、この発想で行こう!

タイトルとURLをコピーしました