厳しいときを万全に

この記事は約3分で読めます。

助けられた、可愛がられたと思えたとき、
なんだか心が晴れてホッとします :heart:
誰かが下さった良い記憶は、一生ものですね。
そんな心に残るものを人に与えられるようになりたい。
貰ったものは、誰かに返さねばです。

何度か武田修宏さんを取り上げましたら、
思った以上に反応を頂きました。
悪い周期にでる苦難について知っておいて損はない。

それを真っ当に乗り切った人にある大復活劇や成功
正直、立派なお客さんの話に、ほぼ通じているのを感じ
弱くなるときの辛抱を神様が見ていると思いました。

20190504

私も、辛抱は少しだけ自慢できるかもしれません :usi:
そして東京へ何年か前に去った友達に関しても、
負かされる大運で、けっこうな苦労をしていますから、
耐えきった分、復活して幸せになってほしいと思います。

私の負かされる大運は、図ったようにやってきました :ase:
何せ25歳で突入した途端に、父が交通事故で亡くなり、
実家との関係がまるきり変わってしまいました。
母が入院したり、実家で問題が起き1年半の間は、
私が住む2DKのマンションで母の面倒を見ていました。
おまけに…

離婚することになり、保育園児を抱えて母子家庭。
20年間は思ったより長く、何度もくじけそうになりました。

弱くなっているとき逃げずに何が出来るかです

負かされる大運になると、誰にでも辛い環境がやってきます。
そこで安易に楽になろうとする。それだけは避けましょう。

それこそ、さんまさんが地獄を見たといいながらも、
「でも、それでええ。嫌いなままでエエねん。」がお手本です。

ログインしてお読みください。
お試しなどの詳細はこちらです。