今日の運チェック!
       

感情と思考の関係に秘密がある

タロットな雑談
この記事は約3分で読めます。

今朝は、お天気が悪く星が見えなかったけど、
機嫌よく、読書に集中できました。思えば・・・
空亡しているから持てている意識があります。
今しか出来ないことがあると感じましたから、
シュタイナー書を読んだら、色々と確認できました :heart:

感情は、動物的であるならば単なる喜怒哀楽。
けれど、高次の認識器官に使うことができます。
多分、もう受講者さんは使い始めています :luck:
感情を個としてだけ使用する普通の状態を超えていく。

感情が、思考をコントロールしていくと凄いのです。
感情記憶に合う未来を見つけ出せれば歯車が合う。
神様は、意外な作り方をしているな~ と感動するはず。
感情と思考の関係がGolden Dawnでサポートされています。

20190206a

【月】がでたら、月によって出てくる感情があるでしょ?
何度でも、月が出たら同じ感情が万国共通に出ます。
それを体験して覚えこんだ人は、活用できるのです。

また月が出た時に、月の感情を心に呼び出せますね。
その感情と同じ感情が、未来に出てくる暗示です。

「一体、どういうことが考えられるだろうか」と、
現状でのパターンを思考を使い探させることが出来ます。

思考に、正しい道筋を与えてやることにより、
本来、思考が持つ現実的な力をフルに使えるの。

思考は、むやみに使っても疲れるだけです。
思考には、思考の得意ジャンルがあるでしょう。
感情が確かなら思考の力を発揮できるよう導けるのです :good:
遅かれ早かれ、未来の人間はそうなると言われていますが、
あと何千年かかかるでしょう。もう皆さんは使い始めていますね。

スリーカードは本来、時間を占えないのだけれど、
先日、最終結果の時間を推測する方法を書きました。


感情に集中することで時間を推測しましたね。

感情的に一喜一憂しているなら、力の数%も使っていない。
闇雲に思考を使って考えても、現実と何ら一致していない。
脳の力をほとんど人間は使えていないと聞きますが、
実は、感情も動物と同じレベルでしか使えていないのです。
正しくは、科学が発達して使わなくなってしまった・・・。

でも、Golden Dawnを通して体験していることを振り返ると、
人間と動物の違いについても、ハッキリ理解できると思います。
月というカードがでると似た体験を誰もがします。
何年前でも何年後でも、月が示す感情は変わりません。
月で出てきた感情を記憶し、出来事を覚えておけば、
次に月が出たときに感じるであろう気持ちから、
今の状況ならば、どんな出来事があるだろうかと
思考を使って推測を立てることが可能なのです。

その推測を活かして月の感情に陥らない準備もできる。
人間と動物の決定的な違いは、そこです。
電流のとおった柵で痛い思いをしたら二度と近づかない。
それは考えるのではなく、彼らは感じているんです。
私たちは、月で出てくる感情から全く別の環境でも、
思考を働かせて推測を立てることができる。その違い。

とにかく、感情と思考がバラバラに働いている現代。
ある意味で科学が発達するまでの人間は、
今の人よりも、感情が示す世界と役割を知っていた。
そうでないと、Golden Dawnのようなものを作るとか、
絶対にできませんもんね。感情の偉大な力を知る人々。

明日は、どういう経緯でGolden Dawnが残ったか。
残した人たちが経てきた時代や意図などもあるので、
それらを、身近に感じてより楽しめればと思います :usi:

タイトルとURLをコピーしました