コンピューター版ぷちタロ占いをやってみよう

占いをしにいく

刺激し合うことで出るリアルな発見

この記事は約3分で読めます。

お盆の間に、自分のことについて占おうと思ってたけど、
今日は悪魔ですし、明日に占うと聞くと【審判】。
ちゃんと問いを立てて、ケルトをしたいと思います。
ケルトで出すからには期限がありません。
それが最終的なところに行くまで永遠に有効なのです。

だからケルトは、同じ問いなら最初に占ったものが強い。
それ以上に何度も似た占いをする意味がないのですわ :no:

最初の占いで、どこまで未来の現実を理解できるか。
カード意味をあますことなく受け取れるかが勝負です。

最終的な未来の姿まで見えているわけなので、
どう問うたかが、ものすごく重要だとわかります?
目先のことを問うたか、究極的なゴールを目指すか
問いを駆使するのが成功の秘訣になってくる。

20180814a

なので夏講座では、この問いの攻略を実習しています。
問いは、各自の心境や状況の反映だからケースバイケース。
マニュアルを作ってハイ終わりとはいかないのよね。
でも実習で体験した記憶は、ずっと残るはず :pati:

みんなの目標って、どういうものかな。
単に転職したいとか、特定の人間関係なら簡単。
それだけをケルトをしても十分に対応可能ですね。
現状ではケルトが十分に読めないのも解決します。

でも一番の実習課題は「夢や目標」です

先日、手広くビジネスをされている方の相談があり、
それを成功させたいという大きな目標を占いました。
そうなると、いくつものことが絡み合っています。

  • 選択肢も可能性がいくつかあり
  • それにより予算も違ってくる
  • 人材、時期、さまざまに絡みあう

夢や目標に対して問いを立ててクリアにしていきます。
6つくらいの問いにしてハッキリした答えがでました。
動く方向も未来も、ある程度は見えたと思います。

思うに・・・
夢や目標について何かが見えてくることが大切です。

例えば、スポーツをしていて楽しいとします。
でも、個人により取り組み方が違いますよね。
参加して帰りの歓談が楽しい人もいるかもですし、
試合にでられるように強くなるのが目標の人もいる。
すでに試合に出ている人は、その先に目標がある。

自分の今後の姿がリアルに見えたら、
何をすべきかと感じることもすごく身近になります。

ただ、「できれば達成したい」くらいの行動から、
同じ「できれば達成したい」であっても意識が変わる。

見えた気になっていることは多いのだけど、
本当に思ってた通りということは殆どないでしょう。
一日も早く、何か自分が見えてないものに気づくこと。

そこから未来が動き出すのです

最初に来られたかたは、知的で賢明なタイプ。
行動力も備わっているかたですから信頼しています。
聞いていておかしな言動は、あまりないのですが、
ヒアリングして問いを作ってはケルトをしていくごとに、
「あれ??」と私たち同時に気になる部分が出ました(笑)。

すごい正しいことを考えていはる。そう見えた。
けれど、掘り下げていくうちに「違うかも」という部分が出て
二人でビックリもし、発見を喜びもしました。そこか!
それが運命を分けていくのか!危な〜
二人で時間をかけて取り組んだ共同作業の賜物でした。

進めるうちに出てくるアイデアもあるというわけです。
見えてくるものがあるという喜び。それは素晴らしい。

やったねー。と喜びつつ、
発見されねば永遠にそのままだったよね〜と感動。
ケルトは単に未来をみるものにあらず。常に発見です。

「だったら、こう問うてみたら?」という私の一言がキッカケだから、
私も功労者ですけど、二人でのやりとりが刺激になったのです。
すごく楽しいし、この先もやってあげたいけど・・・
やっぱり、翌日まで付きっきりで15000円とかできそうもない。
時間がある人は早めに受けてださいね。9月中なら応相談します。

タイトルとURLをコピーしました