セネガル戦に勝てるか占ったときの読み「最終結果が人物カードの例」

先日の深夜にあった日本代表とセネガル戦の試合を、
ケルトしてみましたか?試合の流れを推測できたかな?
私も試合前ギリギリにどうにか出しました。
それを見ながら試合の流れを予測すると、ほぼ出た通り。

こういう占いも覚えておくとエンジョイできますよ。
まぁ、試合直前に見たからか、2度共ほぼ出た通りでしたが、
レベルが高い戦いでは戦略も変わってくるのでギリギリが良いです。
あまり早く占っても、結果は変動してきますからね。

まず、前半と後半という風に、6番までと7番以降を読みます。
サッカーなど前後半があるスポーツでは、それで読みやすいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最初に前後半の空気をざっくりみましょう。
前半で目に留まったのは【金貨2】かな。
現在にはコンディションも良いのか【金貨9】で
正しい対処をすると有望だと出ています。

【棒8】は抱負や目標みたいなものなので、
テキパキ行動コミニケーションしようという姿勢。

だけど金貨2が、ひっかかります :ase:
・・・だって悪い方へ転ぶ可能性もあるわけですよ。
相性や何かコンビネーションがピッタリ合うか合わないか。
そこが分かれ目で、悪い芽も出そうなのが前半なのね。

45分もあるのでワンシーンだけでなく、
複数のことがあると思いましたが、

  • セットプレーが上手く行くと点が取れるとか、
  • 素晴らしいパスが通れば点が取れるとか、
  • 逆に連携が悪いと点が取られるとか、

金貨2らしい相性や息の合う合わないによる流れです。

金貨2も語句だけ受け流さず、占った状況により
合うものを出してくる発想が大事です ::ne
ご存知、前半は良くも悪くも出て1−1でした。
悪い目が出ず、勝てればよかったのですけどね。

... 実践解説は購読者に表示されます。 定期購読リスト / 定期購読
Translate(翻訳) »