今日の運チェック!
       

口癖に気を付けて好転

イライラ・否定的
この記事は約2分で読めます。

私の一大イベント。着物で浅草公会堂の日です :heart:
朝6時のバスで駅へ向かうので、もう書いています。
このところ5時起きは当たり前。4時も大丈夫。
おばあちゃんになってきたのかもね〜。

昨日、リハーサルに行った叔母からメールがきて、
呂の着物は、7月8月の2か月しか着れない話が、
「師匠たちが、みんな、呂の着物だから、そうして :bikkuri: 」と。
紗の着物に袋帯で練習して、完璧と思ってたら、
えーーーーーーーー!!Σ( ̄□ ̄||) って感じで慌てた。

指定の帯も探して、また練習しました :ase:
そこで、アホやなと思う発想に気づいたわ。
この間も、ちょっとそんな話題があったのよ。

別に何も損してへんのに、紗で練習して損した〜
と言いそうになった。「損した〜」とか悪い口癖ですわ。
なんやろ。やった練習が即結果にならないと損・・・・。
そうじゃなくて、練習させてもらったのですわ。
目的がなかったら、あんなに練習しないわけやん。

次の機会には、また着ていけるわけですし・・・
とにかく、「損した」という口癖が腹立つわ(笑)。
運を下げてる気がして嫌ですね。
楽したいのか。楽って、そんなに良いことなのか。
チョット自分に突っ込んでみました。

20180609a

きちんと考えれば分かるのです :po:
『練習するキッカケを頂いていたのだ』と思えた。
よく考えてみる時間も大切ですよね。
簡単に「あぁ、損した〜」で終わってたら、
改めて感謝する機会もなかったかもしれないんです。

これって勉強したところが試験にでなくて「損した」
みたいな感覚ですよね。アホでしょう。

損したという言葉以外でも多分いろいろあります。
なんか悪いことみたいに言うてるけど、違うでしょ?
ていうことは、きっと気づけばある。

それに気づけている人は、いつも感謝できてるとか
いつも頑張ることができてるとか、差になりますよ。

あーー、やっぱり、そっちのが良い :kya:
そっちのが嬉しい。嫌じゃなく頑張れるほうが嬉しい。
そうだよね〜

思えば、これも良い変化のひとつです。
紗の色無地に袋帯は、ツウでしょう。
着慣れていないとドキドキです。
それより、練習だけは紗も沢山できた上に、
当日、より涼しく名古屋帯ですむ呂は気楽です。

みんなも、つい口癖でネガティブな言葉を言ったとき、
「ちょっと待てよ?」と考えてみるといいよ。
そこから、感謝できる良い発想ができるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました