「 問い方 」一覧

ケルトの問いは2パターンと覚えよう

はじめまして。 Golden Dawnは正逆のない少し特殊な魔術系と呼ばれるタロットで高い的中率を誇ります。興味を持っていただければ幸いです。

病気や怪我があると、今後が気になりますね。
ケルトで占うときも、やはり問いについてが一番肝心。
気になることを、どういう風に問いにまとめるか勉強してみます。
しっかり、知りたいことを確認しないと答えが曖昧になるけど、
大抵は、病気や怪我で気になるというと「治癒」ですよね?

ただ、以前に「今後」を占ったとかで治るかどうかが出たのなら、
もう一度見たいというときに、同じではなく別の問い方をしたい?
最終結果の吉凶と2番から対策が出てきます。
普通は、それで十分ですが問い方を決めるときの注意は、
大きく分けて2パターンかなと思います。

1.既にある悩みの今後と結果&対策。
2.進める決意や希望の成り行き&対策。

201506023a

要するに、
現在ある問題(受動的)か、今後の希望(能動的)か。
受動的ならば…
病気が治りますか? も
病気は治りませんか? も
病気の今後? も
病気は、どうなる? でも受動的で同じ。
「現状で、どういう経過なのか」です。

そして、能動的な問いなら…
病院は見つけられるか? でも
病院は見つかるか? でも同じですね。
一見、受動的な文言の後者でも見つける行動をするのです。

そういう風に問いをキチンと焦らずまとめるほど、
キチンと結果が得られるのは間違いありませんよd(^-^)

今回、寄せられた病気への問いは…
以前に病気の今後を見たから、治すための対策とする場合、
本来なら2パターンの2番(能動的問い)とするほうが良いです。
進めたい治療法や希望がある場合の吉凶ですね。

今回は、「治すための対策」というので問いが曖昧 :tara:
求めているものをハッキリ自覚できているかが肝心です。
最終結果が【審判】でしたから
問いが、能動的で対策のあるなしだとすると「ある」と読め
対策を見つけることに成功しそう。
問いが、受動的で治癒であれば「回復の可能性あり」と読めます。

受動的な問いで経過をみるのか、
能動的な問いで吉凶をみるのか、
この点も頭にインプットすれば読みやすい問いが作れますよ。


意識してハッキリ結果を引き出す

ぷちタロをして吉凶判断を仰ぐのが素晴らしいのは承知の通り。
でも、心にピッタリ落ちてこない結果が曖昧にでることもあります。
そういう状態を避けて、よっしゃと思って進みたいよね?

人間、どうしても迷う部分が出てしまうこともある。例えば、
どうしようかと、考えることが大きい課題や小さい課題かに関わらず
迷うときは、ぷちる前に気持ちを切り替えることが大切です ::ne
どういうことかというと・・・・
つまらない例ですが、どの色の服を着ようか迷うとする。
こういう自分の確固たる意志を感じにくい題材は特に注意なの :tara:

20150413a

絶対に赤にしたいんだ!
とか、決意するにあたって強い気持ちが出にくい問いでしょ?
こんなときは、決意をいつも以上に意識するようにしています。
もし、赤が良いでしょうか? 黄色が良いでしょうか?と
自分の気持ちも曖昧に聞きまわっていると曖昧な返答がでます。

なので意志を入れにくいことほど、余計に意識して
自分なりに「これが良い」というのを決めて問うこと。
どっちでも良いとしても「これにしよう」 と腹を括って問うのです :bafu:
そうすれば、恋人という吉凶のハッキリした答えがでやすい。

最近思うに・・・こういう件の多くは、私の場合には月か恋人で出る。
どんな時でも「私は、これにする」。そういう気持ちがポイントです。
ぷちタロに決めてもらうのではないのですからねd(^-^)


単純なぷちタロほど問いが重要

なれた頃にありがちな失敗談。。。

受身の月で好転できているので、意志を占うことがありません。
今日は、バタバタしていて雑談を書いていなかったのですが、
今日は、もう書かなくて良いかなと思いぷちりました。
すると・・・結果は、知的な【女教皇】が出たのです。

だから、書くってことか・・・ と思ったのだけど考えてみると、
あれれ・・????本当に書くべきなの?と分からなくなった :tara:

20150315a

その原因は、いつも書いているでしょ。問いをキチンと作れって!

さっきの流れでは、書かないでよいかと問わないといけないですよね?
なのに、「書くべきか」と聞いてしまったことを思い出したのですよ。
意志を確認していたなら、書かないでよいかだったはずなのに
なんとなく軽い調子で、「すべきか?」と聞いてしまう失敗(+。+)アチャー

ぷちタロは単純なだけに意思確認がケルト以上に必要です。

今回のように適当に問うてしまったら、結果が逆になります。
問うたことについての解答が出るはずですが、そもそも「する気がない」ことを
いかにも実行するかのように問うても、架空の問いになってしまいますね :ase:

タロットの場合は、進める気もないことを聞くと意味がありません。
何もできないのにオリンピックに出られますかと聞くのはナンセンスでしょ。
出来ないことや実行しないことを聞いても、人がカードを出すのだから
何らかの結果は出せますが、まったく無意味。それこそ愚者です。

こういうミスをしてしまうと、信憑性が著しく損なわれて、
やり直すもイマイチですし、そのままでもアドバイスにならない。
こういう失敗がないように、意志確認をキチンとしてくださいね。
悪い見本です( ;^^)ヘ..

女教皇というカードについていうと….
本当に書こうという気持ちがあり問うた結果なら、良い解答です。
いかにも知的で「書く」というのに相応しい勧めです。
こういうピッタリの結果が出たにも関わらず、意思確認がなく
無効になったのは本当にGolden Dawnに申し訳ないですm(T-T)m

なんとなく流されて問わずに、一歩立ち止まって確認しないとダメですね。


ケルトは『心の反応』を発掘せよ

ケルトを読めるか読めないかは、カード意味云々より前に、
自分の悩みや問題意識をしっかり把握することが最初です。
問いを作ることを適当にして展開したら直観が働かないの。
これは、本当に不思議なことでスキルではありませんが、
例えば、答えに【法王】が出たとしましょう。
そのときに、自分の悩みと問いをしっかり考えて展開していたら、
法王のワードがに飛び込んでくるみたいにしっくり着ます :hint:

法王は、助力系という決まったニュアンスがありますが、
細かくいうと専門家の助言身近な人の手助けや、
はたまた、知的関連で教えたり教えられたりという意味もある。
そこから、1つないし2つの間違いない意味が心に飛び込んでくれば、
そのカードが、答えに深みと信憑性を与えてくれます :good:

心に「まさしくだ!」と感じる心に飛び込んでくるイメージをお話してみます。

他のどの位置にあるカードにせよ、明らかに問うた自分の気持ちに
応えて出てくれているようなカードがあるのが分かると凄く良い!

同日にアップした問いをみてください。
言葉にすると「ケルト『目標達成への問題点改善』を探る」となっていますね。
ブログ記事にするので、そういう文言にしました(^^ゞ
この文言にこめられた内なる悩みは….
特定の歌に際して首が痛むという原因解明や対策がわからない問題があり、
それを起こらなくしたいけど、多分無理だろうと思いつつ・・・
もし、万が一にもクリアできる可能性があるのか 占ったみたということです。

上の3行が私の悩みの真実なのですよ。
それを総括するとブログのタイトル文言になったということ ::ne
自分の悩みに向き合い、何を望んでいるのか意志を確認し、
この悩む現状から改善していけるか?
その今後の流れを占ったということになります。

そこまでを自ら確認して展開すると面白い感情がいくつか湧きます。

20150314a

(無料登録で読める記事です)


行き詰ったら一旦保留

ぷちって助かった例も凄く多いのは知っています。
しかし、選択肢が一番大切だということを忘れがち。
ベストと思える選択肢をぷちった結果、
納得できる答えに辿りつけないこともありますね :dissa:

また、その失敗に納得がいく原因が明らかになれば良いけど
普通は、そのまま明らかにならないので疑問が生じます。
だから選択肢を作るときは、見落とし思い込みに要注意。
絞り込むほど的中率が当ることと、視野を広くもつことは、
一見、相反するみたいですが、そうではありません。

ノートにメモることは、後々凄く大切なものが手に入ります。
今年、ずっとぷちってきたことも見返すと見えるものがある。
メモに、悩みやその時点での気持ちを一緒に書きそえて、
問いを導き出したのがわかると、そのときの結果がイマイチの時も
あまりに視野が狭くて焦りすぎ、質問自体がおかしいと気づく :hint:

報告いただいた例は、たまたま失敗の原因がわかった例。

お買い物をぷちった時…
近いうちに買うつもりで見に行ったら高い。
以前までのイメージと価格があまりに違っていた。
予算を一応決めてあるから一旦、帰宅して検討することに!

必要だから高くても買おうとぷちると【正義】でNGと判断。
念のために、今回は諦めます とぷちると 【月】(・・?
そこで訳がわからなくなり、もう一度・・・
高くても買う吉凶 と見ると 【悪魔】。
確認に、だから今回は諦めます とすると【愚者】。

いったい、どうすれば良いか分からなくなり放置していたそうです。
こういう風に、自分が求める方向を多角的に見つけようとして
途中で迷子になっちゃうこともありますね。よくある。
そういうときは、可能性を広げてみると良いですよ。

今回の場合、スーパーやネットで売りまくっている商品でないので、
価格も見てきた範囲で我慢するか、買わないかしかないと思い込んでた。

20150106

・・・でも、保留にして考えていると
ふと、取り扱ってた店を思い出したそうです。可能性が残っていたの :kira:
しかも、他より何割か安かった。・・・そう思うと、
なぜ、買うか諦めるか決めるしかないと思っていたのか、
取り扱いがないと決め付けていたのか、
可能性を見落としていることがわかりスッキリしたみたい。

方向性は、自分が決めてぷちるじゃない?
だから、そもそも方向性そのものが狭過ぎることもあります。
絞り込むのは良いですが、もし、絞り込んだものがイマイチならば、
数時間でも良いので、一時的に保留にして頭をリセットすると良い :luck:
そうしたら空きスペースにポコンとアイデアが下りてきたりします。

別の選択が、まだ残っているというのは本当によくあります(^o^)


ぷちタロ練習

ケルト練習

小アルカナを使うには独特のルールが存在します。白黒だけでなくグレーという現実に合う結末と一緒に対策が読めます。

スリーカード練習

正逆読みの無いGolden Dawnでは、未来の結末が非常にはっきり読み取れます。

 

prpfile-pic1998年からタロットの不思議というメルマガをはじめ、そのときはライダー版など正逆読みを解説していましたが、愛好者が少ないものに気に入って愛用しているGolden Dawnで手持ちの生データを伝授して、ぷちタロ専用の読みで誰でも迷いや悩みを晴らして元気に過ごしてもらいたく講座を始めて4年目です。受講者のかたには、ちょっとした雑談的に正逆読みのヒントもお教えできますよ。詳しい自己紹介はこちら
tittle1Golden Dawnは正逆読みで挫折したり、中途半端を感じていれば尚更、ぷちタロやスリーカードは判断が付きやすいです。また、併用する意味でも正逆読みで理解できなかったことが徐々に見えてくるかもしれませんよ。私は、15年は正逆読みでしたしタロットの不思議バックナンバーは正逆で解説しています。

 

Translate(翻訳) »