「 剣Q 」一覧

正義が現状を示すときの感覚

はじめまして。 Golden Dawnは正逆のない少し特殊な魔術系と呼ばれるタロットで高い的中率を誇ります。興味を持っていただければ幸いです。

ものすごくショックなことが起きた方が、仕事についてケルト。
デリカシーに欠ける最悪の上司と、ちょっとしたいざこざで
思い切り凹んでいた時に、今後が不安で占ったそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

注目すべき点は、1番にある【正義】

このカードが現在であり、鍵にでているのは嫌ですね。
正義は、物事が急に止まってしまうようなイメージです。
失速というか、普通に進むと思って、油断じゃないのでしょうが
ある意味で前向きになっているような時に出る失速です。

それは、出てしまうと動かしがたいです。
確か思い込みが激しく、自分がそう思ったからには
本人が何といおうと言い訳や嘘くらいにしか受け取らない上司。
そういうのも本当に該当します。動かしようがないのです。

誰のいうことも一切きかない人でしょう。

近い過去には、最近解説しましたよ【聖杯6】。
補足がない場所なので、基本の意味が弱くです。
変化の起点に出来るかどうかという弱い意味です。
一緒に進めるプロジェクトが始まったそうですが、
途端にトラブルにしてしまう上司って何なの? です。
解説を読む

... 実践解説は購読者に表示されます。 定期購読リスト / 定期購読

ホロスコープの人物カード

毎日、なにかしらGolden Dawnを使ってますか。
私は、毎日使っていますよ〜。
今回は、人物カードについて触れてみます。
基本的に、実在の人物を示すのはKQのみです。
他のは、人物とは読まないので気を付けてね。

たま〜に、ホロスコープで何枚も人物カードがでて、
いったい、どう読めばよいのだと困る人がいます。
そもそも、本当に強い意味が必要なことならば、
タロットは、人物カードでなく大アルカナや強い意味で
ハッキリと未来を推測できるカードを出してきます。

だから、人物で出るのは普通よりも意味は弱くて
ちょっとしたヒントや意識しておくと良いアドバイスです。

1番の本人の姿勢に【金貨K】が出ています。
ここは自分のことなので、気にするか念頭にある男性。
けれど、強い悲観や不安・強い喜びや楽しみならば、
他のカードが出るはずだと言ったよね。
補足も【金貨4】で弱いので、6月に何か気になるのかな〜
程度で置いておこう。このタイプは、どんな人かは万国共通で….
解説を読む

... 実践解説は購読者に表示されます。 定期購読リスト / 定期購読

一番肝心な「棒2と力」で達成へ粘れ

家をいじりたい人がいて、リフォームを考えています。
しかし、たまたまご主人が昨年だかご病気をされたり
ローンを組みにくい状態になっているのですよ。
けれど、とても素晴らしいリフォームプランができたし
どうにかしてリフォームに着手したいです。

そこで今後、ローンが通るのかを占った例です。
本人はドキドキなのか、占いに乗り気じゃない気もしたけど・・
でもねd( ̄ ̄ー ̄ ̄)。
ダメと出たなら、ダメな理由も様々ですし・・・
もし、完全にダメだとしても、そうと知らずに進めても
結局、未来は行きつくところに終着してしまいます。

だったら早期対処と腹をくくることも大事です :heart:

まず、現在であり鍵の部分には【棒2】
これは皇帝と同じグループです。
中でも特に、一対一の影響や意志表示のイメージで
意志表示・影響力・決断力曖昧・優柔不断 です。

  • 住宅関連会社への問い合わせ
  • 担当者や営業マンや家族への発言
  • 自分自身の心の内にある決断力

など
まず自分がハッキリ己をしり、上手に周囲へ伝えること
本人の読みは、意思表示・力は発揮出来ているで正解です :good:

過去には【金貨3】で、技能や技術関連があれば、
常に最優先に意味を読むべきです。
でも、該当するイメージが全くないときならば、
広い意味で人間関係など建設的な姿勢と読む。
今回は、リフォームの知識か、その姿勢かになります。

そして近い未来は、吉凶半々ですね。
【棒Prince】は、バタバタ良い変化か現状のまま動かずか。
出発・変化その遅れ どっちになるかという読みです。
本人は、言うだけでグズグズと遅れてしまう恐れと訳しているけど
・・・もしや、私がどこかで似た訳を書いたかな?

それは棒8の読みです。似ているのですけどね。
良い動き、良い変化と、棒8のテキパキ行動とはね・・。
しかし、あくまで棒Princeは変化や勢いが重点です。

それが上手くいかない可能性は現在にあります。
それが理解できるのは、3番の【節制】をみよう。
内面的な部分では【棒9】で、やる気というのか
大変は承知だけど、どうにかやりたいと思う感じがわかる。
気丈さによる勝算・段階的達成逆境
節制が棒9の意志を抑えてしまっています。

なぜ、そうなるかというと2番の【力】が強いよね。
棒2は、力とも同じグループですが力には及びません。
だから、棒2を持ってしても簡単ではないのです。

現状は、こういう風な状況だとイメージしましょう。 解説を読む

... 実践解説は購読者に表示されます。 定期購読リスト / 定期購読

最高によい流れを続けるための【金貨5】

昨日は、スリーカードで占った友達作りの件を
今度は、ケルトで占ってみました。
この違いを上級へ進むにあたり意識できるといいよ。

スリーカードは、ざっくり良いか悪いかがわかる。
それは大アルカナで出るから大げさかもしれません。
それだからハッキリ良いか悪いかが理解できて
対策も読みやすいですねd(ー.ー )

ケルトで同じ「英語学習のため外国人の友達を作る」と占うと、
周囲のことや自分の力や、全体の流れなど細かくでました。
小アルカナも含みますから強弱もわかります。

今回は、78枚にも関わらず6枚が大アルカナです 8-O
まず、現在には【恋人】。
過去【月】から近い未来までは、スリーカードと同じで流れが見れます。
ただ、あくまで近い未来は本当の未来でなく変え難い近い未来です。
ここまでは変える努力が出来ません。
という不安や暗中模索する状況から、助力に変化しています。
クヨクヨ、先のことを不安がっていた知恵のない月に対し、
助力や協力や結合を意味して、連絡も期待される恋人

そして近い未来には【聖杯3】で人の集まりや楽しみを示し、
恋人との流れをみるなら、友達が出来るのがわかります。

このときは「本当かな?」と思いましたが、
登録して数時間でメールが来ました。
聖杯3は、嬉しさや楽しさなど遊興的なイメージです。
自分では、それほど実感はありませんが・・・
確かに最初にメールがきたときは嬉しかったかも。

ただ、気になるカードが【隠者】です。
恋人と間反対のカードです。後に解読しましょう。

4番の潜在意識は【金貨A】で、意外と落ち着いていますね。
そして意志には【世界】がでていて理想が見えます。

では未来の流れを7番から読んでいきます。 解説を読む

... 実践解説は購読者に表示されます。 定期購読リスト / 定期購読

家の売却やローン処理など『不動産屋の吉凶』

受講者の方が送ってくれたケルトを解説します。
家を売却し、新しい家に移りたいという希望で、
ダメ元で一括見積もりサイトを活用してみたとか。
返答がきた会社から、ぷちってみた結果で
良さそうなところをケルトしてみた例です。

単純に話を聞きに行く意味での吉凶ならば、
今後の見通しをハッキリつかむ意味でスリーカードが良い。
けれど今回は、売却後のローン返済も含めて占ったみたい。
少しでも良さそうな流れが出たほうにしたいですからね。

・・・しかし、コートカードだらけです :syun:
こういう風に出たときは読みが難しいですね。
ちなみに、出かける当日したスリーカードでは、
全然良い流れではありませんでした。
担当者がお休みしていたようです。

20160505

基本的なケルトの解釈を書くと…
6番までの前半は、現在の状態です。
そして、質問の回答となる後半は7番からよ。

こちらの会社は、最終結果と現在の状況が、
別の会社よりも良い意味に出ています。
けれど、物事が実際に進展すると出ているわけじゃない。
その変が味噌ですね。

現在の状況には【女教皇】です。
良識的・一般的なニュアンスで知性メイン。
近い過去に問題意識や困難を意味する【棒7】なので、
その点に関して、知性による判断ができる。
もっと具体的にいうと「話を聞く、知恵を貰う」意味かな。

最初に関わった担当者は、印象が良かったので
ひやかしで良いから行ってみてはと私も思った。
それが本人の姿勢として【星】に出ている印象でしょう。
星は、楽しみがあるから負担を感じないイメージですよd(^-^)

潜在する部分にも【聖杯Prince】で星と同じグループ。
クリエイティブで計画やプランニングに関わるカードです。

問題を前向きに考えてみる機会になったのが今でしょう。

近い未来には【世界】が出ていますが、
平和と平和ボケで具体性に欠ける部分が世界なので
とにかく目的を絞って動いてみるかどうかですね。

では、この会社との未来への流れは吉なのか。 解説を読む

... 実践解説は購読者に表示されます。 定期購読リスト / 定期購読

ぷちタロ練習

ケルト練習

小アルカナを使うには独特のルールが存在します。白黒だけでなくグレーという現実に合う結末と一緒に対策が読めます。

スリーカード練習

正逆読みの無いGolden Dawnでは、未来の結末が非常にはっきり読み取れます。

 

prpfile-pic1998年からタロットの不思議というメルマガをはじめ、そのときはライダー版など正逆読みを解説していましたが、愛好者が少ないものに気に入って愛用しているGolden Dawnで手持ちの生データを伝授して、ぷちタロ専用の読みで誰でも迷いや悩みを晴らして元気に過ごしてもらいたく講座を始めて4年目です。受講者のかたには、ちょっとした雑談的に正逆読みのヒントもお教えできますよ。詳しい自己紹介はこちら
tittle1Golden Dawnは正逆読みで挫折したり、中途半端を感じていれば尚更、ぷちタロやスリーカードは判断が付きやすいです。また、併用する意味でも正逆読みで理解できなかったことが徐々に見えてくるかもしれませんよ。私は、15年は正逆読みでしたしタロットの不思議バックナンバーは正逆で解説しています。

 

Translate(翻訳) »