佐藤流 心がまえ
90年代に作ったHPに書いていたことを移植することにしました。 未来を変えられるタロットとして覚えるための必要事項とします。 読解の基本は「あなたの精神力です」 その精神の基礎となるものを提...

タロット力を促進しよう

はじめまして。 Golden Dawnは正逆のない少し特殊な魔術系と呼ばれるタロットで高い的中率を誇ります。興味を持っていただければ幸いです。

ケルト強化月間のような感じで、どんどん写真が届きます。
結構、個人的な悩みや題材で各自が占うことなので、
こちらでご紹介していないことが多いですが・・
すごく上手に読めていると思います(~o~)

この「すごく上手」というのは何かというと、
佐藤流で私が書くのと同じという意味です。
同じにならないと意味がありません ::ne
だって、ファミリーとして佐藤の占いを受け継ぐの。
ここでへんに自分流になってしまうと後々困りますよ。

だって、必ずどこかで意味がわからないとか、
読めない題材だってあるに違いなのですが、
そんな時に佐藤流で100%覚えているなら、
私がいつ代わりに読んであげても意味は全く同じ :luck:
私が生きてる限り、このブログを止めたとしても
永久に総合講座の終了者は、補修が1回600円なのです。
そのつもりでお付き合いさせてもらっているのよ(*^_^*)

無料じゃないのだから、例えプロだとしても遠慮なく
5年でも10年でも補修を受けてくれればいいの(笑)

20140310

ただ、技能を身につけるのに必須なのは、
毎月送られてくる自分の運勢を真剣に受け止め、
書かれていることに該当した事メモっておくことだけ。
「何もなかった」という結論を安易に持ってしまうのは、
そのカード意味を実感する大切なチャンスを逃すかも :ase:
それが何ヶ月が続いて終わってしまえば、
実感がわかないカードがてんこ盛りになり、
いざ、本当に悩んで占いたいときに意味がわかりません。

運勢に出ていることを細かく拾い上げていく人は、
そのカードの意味を確実に実感をこめて悟れるわけで、
解説本やテキストで覚えようとする人が太刀打ちできない
素晴らしいタロットリーディングが身につくでしょう :kira:

カードの向こう側にある真実の意味がわかるのだもの!

占いというのは、どのジャンルでも統計学だと思います。
何がどこに出たら、こういうことが起きるという実例の山
だから解説されていることの実例を体験できると開花します。
実例を見つけたか、見つけられなかったかが分かれ道だよ。
思考で手の届く範囲を想像するだけの人と、
そこから経験に即した出来事を見つけた人の差が、
タロットを読む力に、どれだけ大きな違いになるか :bafu:
書きためたか、”わからない”と簡単に済ませたかの違いです。

師の実例を受け継ぐか、本を買ってゼロから自分で積むか!?
どちらも可能ですが、受講者は佐藤の実例を受け取るのが早道。
運勢の個々に出ている該当事例を見つけようと精査する姿勢が、
貴方のリーディング力を本物にしていくでしょう。

自分で展開したケルトの意味を、これまでの運勢から
同じカードを探して訳してみるのが実践練習に凄く良いです :good:
私と同じ訳をしていく限り、必ず自信が持てる日が来ます。
本当に大事なときに、『月』のように暗中模索に陥るとか
そんな不幸を防ぐためにも、佐藤に練習を送るのは有効です。
そこまでフォローするのが私の喜びですからね。

■もう1つ読んでみましょう■

    受講者の方々。または、これから覚えたい方々。 佐藤が、とろい教え方をしている理由を書いておきます。 だってね。テキストがあれば読めるのなら、 本屋に行って好きなものをいくらでも買えばよい。 しかし、本…

    タロットにつまづきかけていませんか? 本当にそうだとしたら大切なことをインプットしよう タロットは語句から入っても肝心なのは心境 心境をマスターするまでは気持ちが中途半端になる :bikkuri: と…

    タロットで結果が出たときに、思いつくことがあるとしても それ以上に、思いつかないことを掘り出すことが大きいです。 こんな風に感じませんか? 出た課題や目標や方向性を意識して動いていると、 後から「これ…

    ようやく気持ちが通常運転になりました。 今年も講座をよろしくお願いしますね。 ひとつお願いは「絶対に実例記事を読んで!」に尽きます。 自分の参考にするのを前提にしなくても、 とにかく毎日、出来るだけ実…

    タロットが当るか、当らないかでいうと・・・ うちの初心者たちは、明らかに自分で当っている :good: そして自らの中でも、ある程度はそれが自覚できています。 自分が訳した結果が、確実に現実を言い当て…


Translate(翻訳) »